広告を利用した危機を克服

忠清北道永同郡がコロナ19対応して地域農特産物のオンライン販路を広げ、優れた食べ物を知らせる一方コロナ19に派生した農村の危機克服に乗り出す。

21日、軍と泳動祭り観光財団は、郵便局ショッピングモール永同郡ブランド館入店業者を年中募集すると発表した。

泳動祭り観光財団は昨年コロナ19により祭りを開催することができなくなると、2020リンリンドンプロジェクトを進めており、リンリンドンプロジェクトの一環として、郵便局ショッピングモール永同郡ブランド館を運営した。

この永同郡ブランド館は、昨年からコロナ19により販路の確保に困難を経験している農・特産品の生産者を支援するために郵便局と協定を締結して郵便局ショッピングモール内に開設したオンライン農・特産品店である。

泳動の果物、干し柿、백링크 ワイン、加工食品など最高品質の健康食べ物を低価格で会うことができる。

昨年は2億4000万ウォンを投資して19億ウォンの売り上げを達成した。

今年初めには、オンライン干し柿ジャントウル開いて1億5千万ウォンを投資して17億ウォンの売上成果を収めた。

永同郡ブランド館は、オンライン販売が可能で、郵便局ショッピング入店基準に合致する生産者は誰でも参加することができ参加のためには、何よりも郵便局ショッピングモール入店が先行しなければならない。

これ財団は、郵便局入店が難しく感じられる生産者のために去る20日、複合文化芸術会館で事前申請企業を対象に、最初の入店説明会を行った。

以後年中入店説明会を開催し、オンライン販売の参入障壁が低くなることができるよう積極的に支援する予定だ。

郵便局ショッピングモールに製品登録後、永同郡ブランド館に入店すると、平月割引クーポンと各種企画展行事(祝日、家庭の月プロモーションなど)時に割引クーポンを提供することができる。

以降、製品の詳細ページ無料制作と提携ショッピングモールオンラインプロモーションなど、さまざまなマーケティング支援とメリットを享受することができる。

軍は、高品質の農特産物入店に全国の消費者のニーズを満たすために、泳動を知らせる一方で、これをもとに、実質的な農家の所得を創出を図る計画だ。

(材)泳動祭り観光財団関係者は「清浄自然の日差しと農家の真心がたっぷり詰まった特産物で果物の故障泳動を知らせる契機にするだろう」とし、「コロナ19で大変な状況で多様な販路開拓の開始である郵便局入店に多くの関心と参加を望む」と要請した。

一方、永同郡ブランド館には、5月現在44個の農家が製品入店した

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다